家族において兄弟がいるというとき、ベッドは二段ベッドを使用するということがあります。ベッドといいますと、それなりにスペースを取ることになります。

でも2段ベッドであれば1つ分で2台分置くことができるということになります。ただし、下と上では居住性が少し異なります。下というのは通常とあまり変わりがないのでっすが、2階部分がすぐ上にあります。ちょっとしたことで頭を打ってしまうことがあるかもしれません。一方、上のほうは下とは違う眺めということになります。子供の場合、高いところからの景色は変化があって楽しく感じるものです。少し怖いのは、ベッドから落ちるのではないかということです。落下防止をしておけば問題ないでしょう。最近は少なくなりましたが、寝台電車という場合も二段ベッド、三段ベッドというものがありました。夜行列車において、通常の座席で寝るよりも、寝台電車で寝るほうがかなり快適になります。ここまで夜行バスが人気なのですから、夜行電車をもっと効率的に運行すれば人気が出ると思います。最近は、高級なものでしか寝台電車を楽しむことができなくなっているので、寂しいところです。旅に行くときには、少し変わったところで寝るというのが楽しみになるのです。ホテルなどにおいても、家族で泊まることができるようなところでは二段ベッドが用意されていることがあります。こういう場合も、上で寝たいという人が多いということがあります。そういうところを探すこともあります。

そこでお気に入りのキャンピングカーとして見つけたのが、二段ベッドタイプで利用する事ができるというものです。通常はバンのタイプにおいては、一段で、大人が2人ぐらいが横になることができるということなのですが、こちらのタイプは、下に1人、上に1人寝ることができるようになっています。大きいタイプのものでしたら、上下で2人ずつ寝ることができるタイプもあるということです。それぞれ分かれていますから、一人ずつ快適に寝ることができることになります。一応、上段にも下段にも小窓が付いていますから、窓の外の様子を見ることができるようになっています。朝日が昇ってきたときは、そちらから朝日を浴びておきることができるということです。キャンプ場などにおいては、朝に散歩をするのが気持ちいいものです。目覚めが良い仕組みのものだと快適ということになります。そのほかに屋根の部分に寝る部分を設置できるものも、高いところで寝ることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*